HOME 会長挨拶 本協議会について 電子公告 要 望・見解・声明
教育課程認定 NP資格認定試験 研修 更新制度 各種申込
日本NP学会誌
日本NP学会学術集会 関連の論文 関連のリンク お問合せ

一般社団法人日本NP教育大学院協議会 会長挨拶

「あまえず」「あせらず」「あきらめ ず」進化を目指します

 

kusama

看護に関する高度な思考力・判断力、実 践力を備えた自律した看護師(NPNurse Practitioner)を育成し、超高齢社会を迎えつつある 日本の医療・介護に貢献していくことを目指して大分県立看護科学大学院修士課程でNP養成教育が開始されたのが平成20年でした。同時期に複数の大学院におい てもNP養成教育を始める意向があることが分か り、NPとして効果的・効率的な活躍ができるた めの教育の標準化を測ること、医療の受け手側、提供側の双方の「安心」「安全」を担保するために法制化することなどを目的に、「日本NP連絡会」を平成2010月に設立しました。その後、社会的認知 を得え、社会的発言力を高めるために、「日本NP協議会」(平成2110月)に名称を変更し、さらにNPの養成教育は大学院レベルで行うことの 必要性を明示するために、「日本NP教育大学院協議会」(平成26年)と名称変更をし、同時に法人化(一般社団法人)しました。

 NP教育の標準化の一つの形として、NP養成教育の最初の修了生が社会に出る時 期から「NP資格認定試験」を開始し、平成27年度までに6回の試験を実施してきました。

 法制化につきましては、大分から構造 改革「特区」の提案(平成2011月)をすることからスタートし、その 後、内閣府規制改革会議、厚生労働省等の並々ならぬご尽力により、平成266月に保助看法を改正していただき「特定 行為に係る看護師の研修制度」として法制化されました。昭和23年に制定された保助看法が改正され、看 護職の役割・裁量範囲が約70年ぶりに拡大されたことにより、これか らの日本の「治し・支える」医療・福祉において看護師が「チーム医療のキーパーソン」としての役割を果たしていくことが法的にも認められ、2025年問題を含めた医療・福祉の課題解決に 向けて、看護職にとって、「はじめの一歩」を踏み出したと受け止めております。

 本協議会では、「治し・支える」医療 における患者さん達のさらなるQOL

向上等に、より自律したNPとして貢献できる仕組みを構築していく ことを

目指し、本協議会およびNPに対する社会的な認知度を高め、組織と しての力をつけていく覚悟でおります。

 新たな仕組みをつくっていくために は、「あまえず」「あせらず」「あきらめず」に根気よく、勇気を持って一丸となって努力を重ねることだと思っております。

 本協議会として、NPとしても、常に、「謙虚」な姿勢と、 「感謝」の気持ちを肝に銘じてがんばってまいりますので、患者さんをはじめ、多くの関係者のみなさまのご支援・ご協力をお願いします。